HOME

新着情報

結婚指輪をはずしている妻

私は結婚式の日からずっと結婚指輪をはめています。指の第二関節が太いので取ろうと思っても取れません。しかし妻は結婚指輪をはずしています。指がかゆくなるという理由ですが、なんともさびしい限りです。
浮気等をしているのではないかと疑ってしまいますが、私の両親と住んでいますのでそんなことはないと思います。ただ単純に指がかゆくなる、おそらく金属アレルギーの症状なのでしょう。
しかしなんとも複雑な思いです。誓いをしてはめた結婚指輪をはずしてドレッサーの中にしまってあるのです。せっかくあげたのにという感情や、高かったんだぞという感情や、いろいろな感情が入り混じっています。
そもそも結婚指輪の前には婚約指輪も渡しているのです。婚約指輪も同じドレッサーの中にしまってあります。まるで宝石店のディスプレイのようです。結婚するには費用がかかります。妻には直接言えませんが、この指輪2つは本当にもったいないと思っています。
使わないものにお金を使うというのが私はきらいなのです。買ったものなら使ってほしい、使わないなら最初から買わない。しかし結婚前はそのルールをくずしてでもプロポーズをしなくてはいけないのです。
なのに今もドレッサーに眠る2つの指輪は、いつまでもそこで眠ることになるのです。